MENU

プラセンタサプリメントの臭い(匂い)ってどうなの?

プラセンタとは、動物の胎盤の事です。胎盤には胎児を大きく成長させるための
栄養が豊富に含まれていたり、細胞を活性化させる成長因子などが含まれています。
これを粉末やエキスに加工して摂取する事で美容や健康面で非常に大きな効果が期待出来るんです。

 

動物が出産すると一緒に出てきた胎盤をまずは回収します。
そのままだと血などが付いているのできれいに洗浄します。
そしてそのまま冷凍保存します。

 

冷凍保存された胎盤から有効成分を抽出する作業に入ります。
保存している胎盤を分解するのですが、今は一番有効成分を残す事が出来る酵素分解による
抽出方法が一般的になってます。

 

そして、抽出したエキスをスプレードライかフリーズドライという製法で粉末化していきます。
※サプリメント原料の場合です。

 

粉末化の製法は上記の2種類がありますが、今はフリーズドライの方が中心です。
フリーズドライだと有効成分のみが入った形で粉末化する事が出来るんです。
スプレードライだと粉末化する時に、液体をスプレーしてそれに吸着させて
粉末化していくという工程を踏みますからどうしてもプラセンタの有効成分以外に
液体の中に入っている不純物が含まれてしまうんです。

 

不純物といっても体に悪いものではなく、デキストリンやグリシン(アミノ酸)など
体に良いものの場合もあります。ですがそれはプラセンタの有効成分というわけではないので
よりプラセンタの有効成分が豊富に含まれる粉末にするためにフリーズドライという
手法が取られているというわけです。因みに、コスト的にはフリーズドライの方が
かなり上がります。原料のベース量としても、フリーズドライの機器自体の値段的にも。

 

このようにして、プラセンタサプリメントの原料が出来上がります。

 

実はここまでで特にプラセンタの匂いを消したりという工程はありません。
処理をすれば消す事も出来るのかもしれませんが、有効成分を破壊する可能性もありますから
実際はほとんどの原料でそういった処置はされていません。

 

プラセンタは元々は動物の胎盤なので、獣臭いという表現になるんですが
独特の臭いがあるんですね。それが気になってしまうという人も実際にいます。

 

そこで、出来る限り臭いを感じない為にどうすればいいかという事をお伝えしますね。

 

まず、ドリンクタイプのものは避けるようにしましょう。
液体になっていると臭いが結構きついケースが多いです。
逆に臭いを感じないという商品はそもそもプラセンタがほとんど入っていないか、
臭いを消す為に本来は必要ない香料などの原料を大量に混ぜている可能性が高いです。
なので、臭いが・・・という方はドリンクタイプは避けて下さい。

 

次にサプリメントですが、打錠タイプは避けましょう。
すぐに飲みこむにしても、口に含んだ時に若干は口の中で溶けてしまうので
やはり味が口の中に広がってしまいます。それが嫌な匂いとして感じる事があります。

 

おすすめなのは、ソフトカプセルかハードカプセルです。
カプセルタイプなら匂いはほとんど感じることなくプラセンタを摂取出来ます。

 

ただ、カプセル自体の味はするので苦手な方はソフトカプセルの方が
嫌な味はしないかもしれません。
プラセンタの匂いが気になる・・・という人は、カプセルタイプのサプリメントを飲むと良いと思いますよ。